スマートフォンサイトはこちら

LIBRO

miomio

ショップブログ

Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)

Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)

住      所:
〒460-0008   名古屋パルコ東館4F
電      話:
052-264-8526
営業時間:
10:00~21:00
(カフェのラストオーダー 20:30)
アクセス:
地下鉄名城線矢場町駅下車1分
取り扱い:
  • 和書和書
  • 雑貨雑貨
  • カフェカフェ
  • HonyaClub商品受取HonyaClub商品受取
SNS
  • facebook
  • twitter
  • instagram
ブログを見る
店舗詳細ページ

10/12~11/8『愛知の陶芸作家たち』販売開始のお知らせ

2016/10/12(水)~ 2016/11/08(火)

10/12~11/8『愛知の陶芸作家たち』販売開始のお知らせ

カルロバでは県内で作陶されている作家さんたち4名の、温もりのある作品を集めました。
それぞれ伝統技法を継承しながら、今の生活の中でしっくりおさまるような作品です。
ひとつひとつ手作りの一点ものならではの味わいを、日々そばに置いてお楽しみください。

【作家紹介】
◆加藤 真雪 
「瀬戸染付」という藍色で描く作品は国の伝統工芸品に指定されている技法。
そこにモダンな色のパターンやフォルムを取り入れ、伝統に新たな感覚を表現しています。
日本国内に留まらず活動をおこなっている若手の作家。
愛知県瀬戸市で作陶をおこなっております。

◆佐藤 愛子
「練り込み」という色の異なる土を組み合わせた技法から生まれる模様の美しさをうつわやアクセサリーに表現。
 シンプルながらも鮮やかな色が織りなす作品は身につけて楽しみたくなります。
 愛知県瀬戸市にて作陶活動をおこなっております。

◆樽田 裕史
「蛍手」という器に透かしを入れる伝統的な技法。
その中でも繊細なスリットで表現した蛍手は今までにない世界観を作り出しています。
 名古屋に生まれ、海外での修行を経て今年の2月に帰国。
 若手の中でもこれからが楽しみな作家。

◆野村 晃子
「一珍(いっちん)」というスポイトに土を入れて描く線文は作品に立体感をもたせる技法。
 多色多彩で華やかな色彩をまとったうつわやアクセサリーは見ているだけでも楽しませてくれます。
 作陶の傍ら、瀬戸市にてギャラリーもゆの運営もおこなっており、絵付けの体験もしております。

pagetop