スマートフォンサイトはこちら

LIBRO

miomio

ショップブログ

リブロ郡山店

リブロ郡山店

住      所:
〒963-8017  ザ・モール郡山2F
電      話:
024-926-5281
営業時間:
10:00~21:00
アクセス:
JR郡山駅下車、福島交通バスにて、「安積黎明高校」バス停下車3分
取り扱い:
  • 和書和書
  • HonyaClub商品受取HonyaClub商品受取
  • QUOカード販売QUOカード販売
  • QUOカード利用QUOカード利用
ブログを見る
店舗詳細ページ

今月のおすすめコミック<2018年5月>

2018/05/25(金)

全国の皆さんこんにちは、スタッフ3です。

5/25からオススメしているコミックはこちら!

20180525185658.JPG

「こぐまのケーキ屋さん」

タイトル通りこぐまの店長がやっているケーキ屋さんのお話です。

最初はひとり(?)でしたが、お客さんの一人だった店員さんが一緒に

働いてくれるようになり、くま店長の毎日は初めてとの出会いでいっぱいに!

特に大きな事件が起こるでもなく、平和な日々が季節と共に過ぎていきます。

とにかく、かなりの癒し力...!

すでに話題作なのでご存知の方も多いと思うのですが、一方的にくま店長を応援させていただきます!

一度見てしまったらくま店長の虜になりますよ、皆さん!!

おすすめです。

趣 味 全 開

2018/05/06(日)

全国の皆さんこんにちは、スタッフ3です。

この度・・・、

3が選んだ本を置かせていただくコーナーができました!

その名も

20180508183215.JPG

『3 BOOK SECTION』

(ひねりも何もありません 笑)

20180508183421.JPG

上段は「読んだ(読んでいる)本」、

20180508183445.JPG

下段は「気になる本、これから読みたい本」を置いています。

3の個人趣味に走ったセレクトになっていくと思いますが、

一人でも多くの方と読書の楽しみを共有できたら大変うれしく思います。

不定期に入替えを行っておりますのでご来店の際は覗き込んでいただけると幸いです...!

(ちょっと恥ずかしいのですが...)

3

今月のおすすめコミック<2018年4月>

2018/04/25(水)

全国の皆さんこんにちは、スタッフ3です。

4/25からオススメしているコミックはこちら!

20180425185245.JPG

『違国日記』

事故で両親を亡くした中学生の朝、15歳。

葬儀の場で飛び交ったのは親戚たちの心ない言葉でした。

そんな朝の前に現れたのはだいぶ昔に会ったことがある母の妹、槙生。

その場の勢いで朝を引き取った槙生でしたが、実はかなりの人見知り...。翌日、朝にズバリ見抜かれしどろもどろ。

世間から見たら「だめ大人」の槙生と適応力の高いしっかり者の朝、二人の生活がゆっくりと流れていきます。

こちらはおすすめコミック始まって以来、初めてのレディースコミックです。

で す が!男性にもきっとおもしろいと思えるはず!

槙生ちゃんの人間としての格好よさ、何気ない言葉の絶妙さはグッ!とくるものがありますし、自分の今をまっすぐ受け入れようとしている朝ちゃんも素敵です。

来月、5/8には2巻が発売になりますので読むなら今!

おすすめです。

3

いきものだもの

2018/03/28(水)~ 2018/06/20(水)

個人的にお気に入りのKABA’S

ただいま郡山店では、

いきもの大集合フェア「いきものだもの」を開催中!

動物園や博物館で人気のカロラータ社製ぬいぐるみやフィギュアが

初めて入荷しました!!

20180402160759.JPG

超ヒット作「ざんねんないきもの事典」に出てくる動物たちもいますので、

読んだことがある方はふふっと笑ってしまうかも。

今シャンシャンでブームになっているパンダのミニコーナーも

あります♡

20180402161234.JPG

6月の中旬まで展開予定ですので、お近くまでいらっしゃった際には

是非お立ち寄りください♪

20180402162107.JPG

 /おまちしてまーす!\

今月のおすすめコミック<2018年3月>

2018/03/25(日)

全国の皆さんこんにちは、スタッフ3です。

3/25からオススメしているコミックはこちら!

20180326195156.JPG

「終末のラフター」

最初に申し上げますが、こちらは最近発売になったものでもなければ、続きものでもありません。(1巻で完結)

「恐怖」「憎しみ」「自己愛」「排他」...。

人間の醜い部分が描かれていて、主人公視点で見てしまうとどうしてこう人間って...とうんざりしてしまう内容なのですが、もしも自分が町の人間であったならと考えると彼らを責めることは出来ないかもしれない、と思ったり...。

はっきり言ってかなりダークです。

ただ、重いストーリー中にも主人公兄妹のほほえましいシーンもあります!(妹のハルちゃんがかわいい!)

しかしそこがまた涙腺が緩むポイントに繋がっていったりして...。

本当にストーリーがうまいです。

個人的には続きをぜひとも読みたいコミックなのですが...難しいですよね?イエロウ先生...(待ってます)

春にあえてのダークファンタジー、おすすめします。

3

pagetop