× 閉じる

第7回リブロ絵本大賞!『いちばん しあわせな おくりもの』

2016/10/23(日)

リブロ・よむよむ・パルコブックセンターの児童書担当者が選ぶ

「最もおすすめしたい絵本」

第7回リブロ絵本大賞が決定いたしました。

大賞

『いちばん しあわせな おくりもの』 宮野聡子・作/絵 教育画劇

いつでも仲良しな、こりすとくまくんが「いちばんのおくりもの」をみつけるお話です。

相手に喜んで欲しい気持ち、一緒にいるだけで普通のことも楽しくて幸せな気持ち、

お互いを想う「好き」って素敵。

いつでも顔を見て見つめ合う、こりすとくまくんの瞳の輝きにキュンキュンします。

近くで見守る小さないきものたちも可愛いので、見逃さないでくださいね。

著者である宮野さんの「この作品を通して、一緒に生きる喜びを、身近にいる大切な人と分かち合ってもらえれば」という思いがつまった、隅々まで優しさあふれる絵本です。

また、入賞の9作品も、大人が読んでも面白くて笑える絵本、かわいいキャラクターが活躍する微笑ましい絵本、読み聞かせをしながら親子で楽しめる絵本など、おすすめしたい絵本が揃いました。

これからの季節、大切な人へのプレゼントにいかがですか?

pagetop